これからお受験を考えている人に知っておいてもらいたいポイントをまとめました。

◆子どものお受験、いくらぐらい必要なの?


子供を志望学校に入れるためのお受験には、それなりの費用がかかります。
鉛筆

まず小学校の受験には、200万円ほど必要です。
その中で割合が最も多いのは、「幼児教室代」です。

まず入会金が、7万円強。
年中クラスで月謝や教材代・講習会などを合わせると、だいたい70万円弱。
年長クラスで月謝・教材代・講習会・模擬テスト代などを合わせると100万円強。

受験料は志望学校によって異なり、
国立付属なら2,000~3,000円ですが、私立だと2万~5万円にもなります。

この他、「お受験服(子供用のスーツ)」も必要で、
靴なども揃えるとなると10万円くらいは覚悟しておいたほうがよいでしょう。

次に、中学受験には、230万円ほどの費用がかかります。
その中で割合が最も多いのは、やはり「塾代」です。

中学の受験は小学6年生の1~2月にあるので、
たいていの家庭では「小4クラス」から通わせます。

小4クラスで45万円、小5クラスで65万円、少6クラスは105万円というのが相場です。

学年が上がると、塾に通う日数も増えますし、
選択講座や季節講習といったオプションも増えるので、
どうしても値段が上がってしまいます。

また、合格実績の高い所は、より高額になります。